バリ旅行記【1】バリではゆったり派?それともアクティブ派?(大人4人の家族旅行)

今まで旅先に選んだ中で最も多いのがインドネシアのバリ島です。過去の記録を見てみると最初に行ったのが1994年の暮れですから、もう20年以上も前ということになります。

すでに15回も通っているのにまだ初体験ができるバリは、私たち家族にとって最も気ままに過ごせる場所でもあります。14回目はアクティブに、15回目はのんびりと、バリで代表的と思われる2つの旅スタイルを紹介します。

バリ直行便のエアアジアXを利用して、ジャティルイの棚田とロビーナビーチ満喫の旅へ(2017年末)

2017年5月に就航したエアアジアXはバリ直行便としては初のLCCです。今回で15回目となるバリ旅行は、このLCCを利用して、世界遺産ジャティルイの棚田の景色を満喫することと、バリ島北部のロビーナビーチでのんびりすることを目的に出かけました。

ジャティルイの棚田

心配していたアグン山の噴火については、現地では話題にも上らないほどで、ちょっと肩透かし(笑)。空港閉鎖にも合わずに8泊9日の旅行を無事終えることができました。

現地から発信したブログの記事は下記のリンク(姉妹サイトのすまはぴ内)へ。

バリ島北部旅行記
2017年暮れ、家族4人でバリ島北部のロビーナビーチとジャティルイの棚田を訪れた時の記録。この数年は家族旅行の定番ともいえるバリだけれど、毎回何かしら新しい体験を取り入れるので飽きることがない。

アクティビティ盛り沢山、家族で遊んだバリ旅行記(2014年夏)

通算14回目となったバリの旅。今回は娘夫婦と一緒に、アユン川でのラフティング、レンボンガン島一周ツーリングや絶景のサンゴ礁鑑賞とマンタと出会うシュノーケルツアー、マングローブの森のボートツアーなど、いつになくアクティブに過ごしました。いくつになっても自然の中で遊ぶのは気持ちいいものですね。

コメント