お土産の紅茶はコロンボ市内の紅茶局で購入

いよいよ帰国前日。のんびり快適に過ごしたサンベリナ・アパートメンツをチェックアウトし、徒歩で向かった先はアルトゥガマの鉄道駅。ここから1時間半ほど列車に乗って、コロンボ市内のバンバラピティヤに移動します。

最終日は紅茶局にも近いバンパラピティヤで

コロンボの鉄道駅バンバラピティヤ今夜の宿泊先は CJ Villas。海沿いでバンパラピティヤ駅からも近いし、お店もいろいろあって便利そう、しかも料金が安い、というのがここに決めた理由でした。

今回は列車が止まるようなアクシデントもなく、インド洋の海風を受けながら、快適なショートトリップでした。

バンバラピティヤからホテルまでは短い距離ながら、日中の日差しはかなりのもの。今まで結構涼しく過ごせていたので、この暑さの中を、キャリーを引きながら日傘もさし、ホテルの場所を探すのは正直きつかったです。

建物がどれかよく分からなくてちょっと手間取ったものの、何とか到着。ちょうどオーナーが近所に出かける寸前のところでギリギリセーフ。彼が出かけていたら路頭に迷ったかも?

スリランカ紅茶局でお土産購入

私は出発の前からスリランカ土産は紅茶にしようと決めていたのですが、行く先々で飲んだ紅茶の美味しさに感動した夫もこれには大賛成。

幸いこのホテルのすぐ近くにはスリランカ紅茶局があります。スリランカではこの紅茶局のお墨付きがあるものだけが良質な紅茶とされているそうなので、せっかくならそこで買おうということで、散歩のついでに寄ってみました。

こういうところはお値段も高いというのが定番ですが、恐る恐る見回してみるとスーパーマーケットで売っていたものとお値段も変わらない上、種類は断然豊富。美味しそうな高級品もとても安く買えそうです。

最近は旅先でこういうことはないのですが、俄然購買欲に目覚めてしまった私たちは、ここでどっさり買い込むことになりました。お土産に買った紅茶はこちら

【注】スリランカ紅茶局の場所は上の地図を拡大して確認してください。黄色の箱型マークをつけてあります。

コロンボのホテルはCJ Villas

CJ Villasは同じフロアに3室あってシャワー室とトイレは共同利用でした。隣の女性たちがシャワーを使った後は浴室内がビショビショの上、バスマットもなくてかなり不都合がありましたが、まあお安いので仕方ないかな。

コロンボのホテルCJ Villasにて因みにオーナーはとっても親切でどんな質問にも笑顔で答えてくれます。夜は近所にある雰囲気の良いカフェでディナー。

翌朝はこのホテルの隣にあるパン屋さんで買ってきたサンドイッチと、オーナーが淹れてくれた美味しい紅茶で朝ごはんを食べました。

ここのテラス席はインド洋に向かって景観が開けていて、夕暮れもなかなか雰囲気は良かったですよ。

帰国日のコロンボ市内観光

ホテル前の海岸線には、波打ち際ギリギリのところに線路が通っています。(車体の下に波が・・・)

コロンボの通勤ラッシュ

コロンボはさすが都会です。コロンボフォート駅に向かう朝の通勤ラッシュはこんな具合。混んでいるのも確かだけれど、それより車外の方が涼しいからこんな風にしているのでは?と思いました。

私たちもこんな電車で(もちろんラッシュは避けて)コロンボフォート駅に向かいました。

コロンボフォート駅の荷物預け

コロンボフォート駅にある荷物預かり所(左下の写真奥の方)では、こんな戸棚に自分で荷物を入れます(右下)。

係員に、鍵は持っているかと聞かれ、最初は意味が分からなかったのだけれど、この戸棚に自分で施錠しろということ。つまり南京錠を持っていないと荷物がどうなっても知らないよ、という意味のようです。

私たちはスーツケース用の小さな鍵しかもっていなかったので、仕方なくこれを使いました。写真を見てもどこにあるかわからないほど小さい鍵ですが、まっ、ないよりましってことで(笑)。

コロンボフォート駅周辺を観光 

フォート駅からは、ダッチホスピタル・ショッピングセンターや、ワールド・トレード・センターなど、有名どころにあちこちに立ち寄りながら、海沿のゴールフェースホテルに向かいました(もちろん徒歩)。

今日のメインイベントは、ゴールフェースホテルにあるベランダレストランで、夕焼けを眺めながらハイティーすることでした。

ところが、暑い中ようやく着いたその場所は、、、なーんと、レストランが改装中という想定外の出来事。せっかく楽しみにしていたのに・・・仕方なくホテルでコーラだけ飲んで、またまた一休み。

もう歩くのはうんざりなので、タクシーでダッチ・ホスピタルまでもどり、ここで遅いランチにしました。 

【注】ダッチ・ホスピタルは元病院だった建物をショッピングセンターとして改装したたため、この名前が残っているそうです。

遅いランチというより、早めのディナー?になってしまった食事を済ませて、再びフォート駅へ。荷物を引き出してからバスで空港に向かいました。

空港でバッタリ!

空港で昔の同僚とバッタリさて、空港に着いた私たちがイミグレに並んでいると、なんと、昔の同僚とバッタリ!確かもう20年くらいは会ってなかったはず。それがどちらかというとマイナーな?旅先でバッタリ会う事になろうとは、本当にびっくりしました。

彼女たちは1週間足らずの旅だったので、ガイド兼ドライバー氏を雇って回ったそうです。現在のところ、お休みの少ない日本人にはその旅行スタイルが一般的なようです。

私たちのように列車とバスを使って、3週間も旅行できるというのはある意味贅沢なのかもしれませんね。お金はあまりかけてないとしても(笑)。

私たちのスリランカへの旅は、こんな予想外の形でエンディングを迎えました。(完)

コメント