リスボン2日目は地下鉄に乗ってエル・コルテ・イングレスへ

昨日行ったスーパーでは中途半端な買い物しかできなかったので、今日こそ美味しいものを見つけるぞと、Google Mapとにらめっこして探してみました。

そうしたら、雨でも安心の地下鉄サン・セバスチャン駅直結のデパート、エル・コルテ・イングレスを発見!このデパートはスペイン旅行の際にも行ったことがあり、併設されたスーパーの品揃えがかなり充実しているので、迷うことなくこちらへ行くことに。

雨が止んだらエル・コルテ・イングレスへ♪

今日は朝から土砂降りの雨。でも晴れ女の私が出かける時には大抵止むので、ブログを更新したりランチしたりして準備は万端。出かける気満々でいたところ、案の定、予想は的中!3時前には出かけることができました。

アパートから徒歩で10分程度のところにあるテレイド・パソ駅からサン・セバスチャン駅まではブルーラインで6つ目。デパートは駅直結なので、万一雨が降っても安心です。でも一応傘は持って行きましたよ….笑。

リスボンの地下鉄テレイド・パソ駅の入り口

切符の買い方がわからない!

さて、テレイド・パソ駅には着いたものの、切符の買い方がわかりません。片道1.45€らしいので、2€のコインを入れようとしても何故か入らず、一回乗るだけの普通切符はこれでは買えないようです。

困っている私たちの目の前に救いの神登場!若い男性(イケメン!)が通りかかり、自分のカードを使って私たちの代わりに購入してくれました。これはチャージすればまた乗車できる日本のスイカのようなヴィヴァ・ヴィアジェンカードというものです。

何はともあれ、この男性のお陰で無事乗車することができました。こちらは私たちが乗った時の電車内。次の駅から乗客がドカドカ乗ってきました。

リスボンの地下鉄ブルーラインの車内

エル・コルテ・イングレスのスーパーはデカ!

サン・セバスチャン駅で降りた私たちが目指す先は、もちろんデパート地下にあるスーパー。改札を出た先の同じ階にあったのですが、私たちは間違えて上の階まで行ってしまい、かなり遠回りしてようやくたどり着きました。

ジャーン!これがそのスーパー。大き過ぎて写真ではとてもお伝えできませんっ!

リスボンののエル・コルテ・イングレス内にあるスーパー

リスボンのエル・コルテ・イングレスはこんなに大きくなかったはず(ビックリした覚えなし!)。でも実際はどうなんでしょう?とにかく品揃えの豊富さに圧倒されました。国内で販売されている全ての商品が置いてあるのでは?と思うほどです。

リスボンのエル・コルテ・イングレス内にあるスーパーで買ったもの

オーブンの操作方法に苦労しながらパン焼き初体験

買ってきた食材で夕食を作りました。と言っても単に並べただけ(笑)。でもね、パンだけは半生状態のものを買ってきたので、アパート備え付けのオーブンで焼いたんですよ。ところがこれが思ったより大変で….実はパンなんて今まで焼いたことない私。しかも、こちらのオーブンの使い方もよくわからないから更に大変。でも、二人でああだこうだ言いながらやっているうちに、何とか完成にこぎつけました!ヤッター !

本当は水で濡らしてから焼かなくちゃいけなかったのに、そのまま焼いてしまったので、ちょっとカサカサになってしまいましたが、次はもう大丈夫(だと思う)。

タコのマリネはとっても美味しかったので、日本に帰ってから自分流にアレンジして作ってみようと思います。それとポルトガル名物のバカリャウ(タラ料理)も思ったより薄味仕立てでとっても美味しかった!

それとこちらでは私の大好きなビワがとっても安かった(半値くらいかな?)ので、迷うことなく買っちゃいました(笑)。

【後日談】パン焼きはその後上手に焼けるようになりました。ポルトガルでパン焼きできるようになるなんてビックリです。

初めて見た乗り物-セグウェイの一種か?

テレイド・パソ駅からの帰り道、面白い乗り物に乗っている若者たちを見ました。これってセグウェイの一種?

座れるセグウェイ?

コメント

  1. 横山初美 より:

    美味しそう!
    二人旅いいなぁ♪
    列車の座席がカラフル!

  2. Morita より:

    ポルトガルの街に溶け込んで「暮らすような旅」ですね。びわ、ぷりっぷりですね。

    • momomomo より:

      森田さん、コメントありがとう!ビワは過剰な甘みがなくて自然のままって感じです。値段も日本の半分くらいかなあ。更にいろいろ試してみますね。これからアパートをチェックアウトして列車でポルトに向かいます!