ポルトガル旅行記【6】ポルトの象徴「クレリゴス教会」鐘塔から市内を一望

ポルトの象徴的建物、クレリゴス教会へ行ってみました。

1750年に完成したというこのバロック様式の教会には高さが75.6メートルもある鐘塔があります。ここからは市内全体を見渡すことができるため、観光客が必ず訪れる場所になっているようです。

まずは坂を登って教会を目指します。

クレリゴス教会の内部

教会そのものはスペインで見た大聖堂などに比べれば迫力不足かもしれませんが、教会の隅々まで見られるよう配慮されているのはポイントが高いです。

クレリゴス教会鐘塔からの眺め

この教会の魅力はやはり鐘塔から眺める市内の景色です。225段もある階段は人がすれ違うのもやっと。狭くて急な階段を昇り降りするのはなかなか大変だけれど、やっぱり行ってみて良かった!昨日見たのどかな景色とはまた違って、こちらは360度の視界です。

私たちが滞在しているアパートも見えましたよ。(青丸で囲ったところ)

クレリゴス教会鐘塔から眺めたOld City Design Apartment

 

教会下の広場でランチ

下に見える広場でランチすることにしました。写真の左下の木陰のあたりです。ここに来る途中でサンドイッチを買ってきて正解!

ポルトの象徴クレリゴス教会鐘塔からの眺望-2

この日は日曜日とあって、家族連れやママ友グループなど地元の人たちのピクニックも見かけました。ママたちはおしゃべり夢中だし、パパたちは子供と一緒にに遊んだりして、日本と変わらない光景です。木陰で読書している人たちもいます。

 

クレリゴス教会前の広場にて-6

この日も地元のスーパーで買った食材で簡単な夕食を作りました。明日あたりはそろそろレストランで外食しようかな?

27日の夕食

 

ポルトガル旅行記-各地の短期滞在者向けアパートで暮らす旅(目次)
初めてのポルトガルを2週間かけて列車で周遊したリアルタイム旅行記。今回は久々の夫婦ふたり旅。英語ですら不自由なのに、ポルトガル語なんてわかるわけありません!笑顔と勇気だけで、さてどこまで乗り切れるか。滞在先は、リスボン、ポルト、コインブラ、シントラの4箇所で、いずれも短期滞在者用のアパートに宿泊します。

コメント