Blogガイド

旅のスタイルはパックツアーとは無縁の海外自由旅行、個人旅行。旅行会社のお世話にならず、航空券やホテルの手配から、時には列車やバス、観劇の予約まで、すべて自分で行っています。

英語が苦手な私でも、ひとつひとつ自分でやっているうちに、どうやら旅力というものが身についたようです。旅先で遭遇するアクシデントも今となってみれば良い思い出(笑)。

この旅行記では、そんな体験を元にちょっとした旅のヒントや、現地で見聞きしたお役立ち情報をお伝えしていこうと思っています。

このブログを効率よく読むための方法は?

1. 一番上の『index』から最新記事順に並んだ概要文で記事を探す

2. 右サイドバー最上段の『ブログ内の記事を探す』で知りたい情報を探す。
     (単語間にスペースを入れれば『 バリ wi-fi sim』などの複数語での検索も可)

3. 下記の目次から探す

などがありますので、目的に合わせてご利用ください。

旅行記のトップページから一気読み

日本から28時間かけてようやく到着したリスボンのアルファーマ
28時間もの大移動の末、リスボンのアルファーマ地区(旧市街)にあるAlfama Suite Viewという眺めの良いアパートにようやく到着。旅行前に買っておいたsimのお陰で、滞在先のスタッフとのやりとりやUberを使うことができて大助かり。
スペインを列車とバスで周遊する旅行計画(はじめに)
2017年7月1日~12日、家族4人(大人のみ)でスペイン・アンダルシアの周遊旅行に出かけました。マドリッドまではイベリア航空直行便で、スペイン国内の移動は列車とバスを使っての自由旅行。4人ともスペイン語を話せない上、今回が初スペイン…
ポートランドを起点にオレゴン州西海岸から内陸へ
ポートランドを起点に西海岸を南下、ユージーンを経由してポートランドに戻るオレゴン州10日間のドライブ旅行。アメリカ人の娘婿はオレゴン出身なので彼の家族や親戚と再会するのが一番の目的とはいえ、ついでに観光も楽しもうという家族4人の欲張り旅。
スリランカ-列車・バス・3ウィーラーをフル活用した3週間のふたり旅
2013年12月から3週間シニア夫婦のスリランカ旅行記。一般的な旅のルートとは一味違う完全な自由旅行&個人旅行で、荷物は小さなスーツケースとバックパックのみ。独自ルートによる周遊にはスリランカ鉄道、ローカルバス、スリーウィーラーなどをフル活用しました。
バリではゆったり派?それともアクティブ派?(大人4人の家族旅行)
大人4人家族のバリ旅行記。2017年はバリ直行便のエアアジアXを利用してジャティルイの棚田とバリ島北部のロビーナビーチへ。2014年はラフティングやレンボンガン島一周ツーリング、絶景のサンゴ礁鑑賞やマンタと出会うシュノーケルツアーなど、盛りだくさん…
日本人に人気No.1のアンコールワットへ家族で自由旅行
20年ぶりのカンボジア旅行は、アンコールワットの初日の出と主なアンコール遺跡群を観光するのが目的です。格安航空券のことやエコノミーホテルのこと、お気に入りレストランやカフェなど、豊富な写真付きで紹介します。
間一髪でなんとか出国-アメリカ人にはベトナムビザが必要だった!
ベトナムに出発の朝、5時起きして7時25分には無事成田空港に到着したと思えば、チエックインカウンターで「アメリカ国籍の方はベトナムビザが必要です」との指摘が。因みに娘の夫はアメリカ人。ここに来るまでビザのことに誰も気づいていなかったなんて!
マニラ空港でSim購入後タクシーで1時間もかかったマカティへの移動
マニラ空港に到着後、真っ先に向かったのは空港内のsimカード売り場。SmartのLTE対応のnano simは1か月使い放題で1100ペソ。空港からホテルのあるマカティには、タクシーでなんと1時間近く…

オススメ記事

ホテルで予約したコロン島ツアー(カヤンガン湖、ツインラグーン、白砂ビーチのランチ…)
宿泊したホテルで申し込んだ現地ツアーはコロンタウンのお向かいにあるコロン島を1日かけて巡るもの。ビーチでシュノーケルしたり、カヤンガン湖やツインラグーンで泳いだり、白砂ビーチでのランチも文句なし!
ヨーロッパのバルコニーと白い街フリヒリアナ-スペイン旅行記(7)
ネルハのアパートに落ち着いたところで、今回の旅の目的のひとつ、白い街フリヒリアナへタクシーで向かう。眼下に広がる青い海、真っ白な建物、色とりどりに咲き乱れる花々、おしゃれな窓辺、フォトジェニックな景観に暑さを忘れてシャッターを切りまくる私。…
バリのアクティビティ体験ビデオ-ラフティング・ツーリング他
アユン川のラフティング、レンボンガン-チュニガン島のバイクツーリング、サンゴ礁のシュノーケル、マングローブの森のボートツアーなど家族で楽しんだバリのアクティビティをご紹介。アクションカメラで撮影したラフティングのビデオは必見!
ゲリオヤから列車とバスで紅茶の産地ヌワラエリアへ
ゲリオヤから列車で4時間近くかけてナヌオヤ駅へ。列車内では茶畑の広がるすばらしい景色を眺める暇もないくらい多くの出会い。ナヌオヤ駅からヌワラエリアへはローカルバスで。
マータレーのノリタケ・アウトレットに寄り道してキャンディへ
ダンブッラから三輪タクシー(3ウィーラー)でマータレーへ。ノリタケ・アウトレットに寄り道して高級食器を格安で購入しました。マータレーからは列車でキャンディへ。マータレーでもたくさんの出会いがあって楽しかったー!
モモ
モモ

移行前の旅行記もあります
これ以前の20年間にわたる旅の記録もアジアの細道に残してあります。特にトルコでは、撮影禁止になる以前の貴重な写真も掲載していますので、興味のある方はどうぞご覧になってみてください。

いぬ
 

モモへのお問い合わせはこちらからお願いします。