スリランカ旅行記【12】ホテルでチャーターした車でホートンプレインズ国立公園(World’s End)へ

朝8時にチャーターしていた車(Rs.4,500=3,600円位)でホテルを出発。ワールズ・エンドのあるホートンプレインズ国立公園に向かいます。

ホートン・プレインズ国立公園(World’s End)の場所

国立公園のゲートでドライバー氏が二人分の入園料(Rs3,750=3,000円位)を払います。ビジターセンターまで行ったところには大きな駐車場があり、私たちはここで車を降りました。

ドライバー氏とは3時間後にこの駐車場で待ち合わせることにして、さあ出発です!

ホートンプレインズ国立公園内の徒歩ルート

後で調べたところ、私たちが歩いたのは下図のようなルートでした。

ここから約1時間ほど山道を登って(下の写真尾根伝いの道)ワールズ・エンドに向かいます。

ホートンプレインズ国立公園(world's end)

途中、こんなお花などが咲いていましたが、時間がないので先を急ぎます。上の方がガスっているのが気がかり・・・

こちらは車の中でも見かけたスリランカの国鳥(野鶏)です。

ドライバー氏に教えてもらっていたので、山道で見つけたときに見逃さずに撮影できました。色も体型もなかなか立派な鶏でした。
スリランカの国鳥(野鶏)

ワールズエンド(World’s End)

ようやくWorld’s Endに到着! しか~し、絶壁の下1kmほどの下界は霧に包まれていて全く見えません。私たちだけでなく、そこに居合わせたみんなもガッカリ顏。

3時間後に戻る約束なので、あんまり時間がない! でもやっぱり見たいっ!

ということで、夫が「気」を動かしていたら・・・

あーら不思議!ほんの少しだけ霧が晴れたではありませんか(上、雲の写真)。ちょっとお疲れ気味のせいか、効果はほんの少々ですね(笑)。写真だとあまりよく分かりませんが、肉眼では少しだけ地上の様子が見えましたよ。

ホートンプレインズ国立公園内の景観

帰路は時間を気にして急ぎ足でしたが、周りの景観はこんな感じ。広々していて気持ちいい~!日差しは強いけれど、風が涼しいので、もう少しゆっくりしたかったなあ。

ホートンプレインズ国立公園-4

帰りは公園内の別のルートを歩きました。写真はありませんが滝もありましたよ。途中でちょっと迷子になりそうになったけれど、汗をかきかき急いだおかげで、なんとか約束の時間には戻ることができました。

この鹿は私たちを見送ってくれた?スリランカ・サンバー。本当はえさがほしかっただけ(笑)。

ホートンプレインズ国立公園の鹿(スリランカ・サンバー)

 

スリランカ旅行記-鉄道とバスで3週間の自由旅行(目次)
スリランカを3週間かけて周遊した時のリアルタイム旅行記。シニア夫婦とはいえ、一般的な旅のルートとは一味違う列車とローカルバス、そして三輪タクシー(スリーウィーラー)をフル活用したバックパッカースタイルです。行く先々で多くの出会いに恵まれ…

コメント